介護福祉士資格取得支援 【実務者研修受講料は全額法人負担 スクーリングは勤務扱いです。】

2020年度の実務者研修「通信制分校」日本総合福祉アカデミーを法人内に設置して、資格取得支援をサポートします。

英世会では実務経験3年で受験するために、必要な要件である「実務者研修」を、施設内で受講することが可能です。これは日本総合福祉アカデミーの通信制分校(厚生労働省認可養成施設)を介護老人保健施設サルビア内に設置し、eラーニングでの学習と施設内でのスクーリング(8日間)を行います。昨年は13名の方が受講されて、実務者研修修了しております。2年目の今年は10名の職員が参加されております。

受講職員の負担を考え、スクリーング日は勤務扱いとしていますので公休や有休を使用する必要はありません。受講費用は法人がすべて負担します。10月4日(日)よりスクーリングが開始されました。

英世会の研修についてはこちらを